「藤の郷」満開、田園彩る 人気高まり有料、予約制に

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
満開のフジの花が咲く「十ノ瀬 藤の郷」
満開のフジの花が咲く「十ノ瀬 藤の郷」

 秋田県大館市山田字茂屋のフジ園「十ノ瀬 藤の郷(さと)」の花が満開となった。人気の高まりを受け、今年から入園を有料化し、駐車場を予約制にして来園者を抑制している。31日まで。

 田園の一角に咲く約80本のフジは、所有者の津島嘉弘さん(59)が地域住民と手入れしている。フジを地域づくりに生かそうと、市内の企業や市民有志が2018年ごろから、情報発信や来園者の受け入れなどを支える。

 認知度はすぐに高まった一方で、元々観光地ではなかった場所に収容能力以上の人が押し寄せるようになり、路上駐車が増え、農作業の妨げになるといった課題が生まれた。今年からは1人千円(写真集付き)の入園料を設け、1時間に60台ほどの車だけが入れるよう予約制とした。

同じジャンルのニュース