投票率向上へ「期日前」増設を 県選管、市町村向け会議

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
県選管が市町村選管に投票環境整備の内容や啓発活動について説明した会議
県選管が市町村選管に投票環境整備の内容や啓発活動について説明した会議

 秋田県選挙管理委員会(竹田勝美委員長)は23日、第26回参院選に向けた市町村選管委員長・職員会議を県第2庁舎で開き、投票しやすい環境の整備や啓発活動に力を入れ、投票率向上を目指すことを確認した。

 鹿角市を除く県内24市町村から47人が出席した。県選管は投票環境の充実に向け、期日前投票所の増設や移動投票所の導入などを各市町村に要請。高齢の有権者を投票所まで送迎することも求めた。

同じジャンルのニュース