秋田大学で100円定食 コロナ下の学生支援、1日200食

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田大学と秋田大学生活協同組合は、新型コロナウイルスの影響で仕送りやアルバイト収入が減り、経済的に困窮している学生を支援しようと、栄養バランスの取れた定食を100円で提供する取り組みを始めた。学生が安心して日常生活を送れるよう、食事面からサポートする。

25日のメインは「チキンおろしだれ」。ご飯とみそ汁、サラダも付く


 通常440円の定食を値引きして提供。値引き分のうち230円を秋田大が、110円は大学内の食堂を運営する秋田大生協が負担している。JA全農あきたから寄付されたコメも使用する。手形、本道両キャンパスの食堂で1日計200食を用意する。

秋田の最新ニュース