ハピネッツ選手ら県庁訪問 前田HC「県民と一緒に戦った」

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
シーズン報告後、写真に納まる(左から)水野社長、前田HC、佐竹知事、中山、古川
シーズン報告後、写真に納まる(左から)水野社長、前田HC、佐竹知事、中山、古川

 バスケットボール男子Bリーグ1部(B1)の秋田ノーザンハピネッツの選手らが26日、県庁を訪れ、佐竹敬久知事にチャンピオンシップ(CS)に初進出した今シーズンを報告した。

 前田顕蔵ヘッドコーチ(HC)、中山拓哉、古川孝敏両主将、水野勇気社長が訪問した。CSは13、14日の準々決勝で琉球に連敗し敗退が決まったが、前田HCは「たくさんの応援が本当にうれしく、県民のみなさんと一緒に戦ったシーズンだった。CSに出られたことでこの先の道筋が見えたので、経験を来季につなげたい」と述べた。

秋田の最新ニュース