スマホ決済で3割ポイント還元へ 由利本荘市の600店

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
由利本荘市で来月1日から始まるキャッシュレス決済ポイント還元事業のチラシ
由利本荘市で来月1日から始まるキャッシュレス決済ポイント還元事業のチラシ

 秋田県由利本荘市は来月1日から、スマートフォンによるキャッシュレス決済で支払額の30%分のポイントを還元する事業を始める。7月31日まで。市は「消費行動が少しずつ戻って来ているが、いまだ新型コロナウイルス流行前とまではいかない。ポイント還元事業を機にさらに消費を呼び戻したい」としている。

 市のポイント還元事業は2回目。新型コロナの影響で落ち込む消費を喚起し、市内中小規模事業者を支援しようと今年1月にも実施した。

 市内の飲食店や小売店など対象の約600店で、スマートフォン決済の「ペイペイ」「d払い」「auペイ」「楽天ペイ」の四つの決済サービスを使うとポイントが還元される。対象店では、目印のポスターを掲示する。宿泊施設や大型スーパー、ドラッグストアなどは対象外。

秋田の最新ニュース