ビール界の五輪で「あくら」が最高賞 横手産ホップ使用

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
金賞を受賞した「なまはげIPA」を手にする長谷川醸造長
金賞を受賞した「なまはげIPA」を手にする長谷川醸造長

 米国で開催された世界的なビール審査会「ワールドビアカップ2022」で、あくら(秋田市、高堂裕社長)の「なまはげIPA」が、「インターナショナル・インディアペールエール」部門で最高賞の金賞に輝いた。

 ワールドビアカップは、米国のビール業界団体が1996年から2年に1度開いている。ビール審査会の中で出品数が最も多いとされ、「ビール界の五輪」とも呼ばれる。

秋田の最新ニュース