大リーグ、大谷5失点で3敗目 鈴木1安打、盗塁で指痛め交代

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ブルージェイズ戦の3回、ビシェットに2点二塁打を浴びたエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)
ブルージェイズ戦の3回、ビシェットに2点二塁打を浴びたエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)

 【アナハイム共同】米大リーグは26日、各地で行われ、エンゼルスの大谷はアナハイムでのブルージェイズ戦に3番・投手兼DHで先発し、6回を投げて2本塁打を浴び、5失点で今季3敗目(3勝)を喫した。打者では2打数無安打1打点。試合は3―6だった。

 カブスの鈴木はレッズ戦に4番・右翼で出場し2打数1安打。三回に盗塁を成功させた際に左手薬指を痛め、四回の守りから退いた。チームは5―20で大敗した。

 レッドソックスの沢村は16―7で勝ったホワイトソックス戦に5番手で登板。八回途中から2/3回を無安打無失点だった。

 パイレーツの筒香は負傷者リスト入りが発表された。