「自動的権力委譲でない」と強調 長男を後継者でカンボジア首相

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
カンボジア地方評議会(議会)の選挙運動=21日、プノンペン(共同)
カンボジア地方評議会(議会)の選挙運動=21日、プノンペン(共同)

 【プノンペン共同】カンボジアのフン・セン首相は27日、オンラインで講演し、与党カンボジア人民党が首相の長男フン・マネット陸軍司令官を後継者として選んだことについて、6月の地方評議会(議会)選で人民党が票を集めれば国民が認めたことになるとの考えを示した。「自動的に権力は委譲されない」と強調した。地元メディアが伝えた。

 地方評議会選は6月5日に投票され、来年予定される下院選の前哨戦とされる。地方評議会選では、自治体の議会の議員を選び、選挙運動は始まっている。

 カンボジアではフン・セン政権が最大野党カンボジア救国党を解党に追い込み、政権に対抗できる勢力は不在。