疲労骨折抱えながら粘り 陸上男子1500連覇の秋田工・大野

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
【男子1500メートル決勝】最終コーナーで粘りを見せる秋田工の大野(中央)=県営陸上競技場
【男子1500メートル決勝】最終コーナーで粘りを見せる秋田工の大野(中央)=県営陸上競技場

 全県高校総体陸上男子1500メートルは昨年の全国高校駅伝6区(5キロ)で区間賞を取った大野聖登(秋田工3年)が制した。右すねの疲労骨折を抱えての出場だったが、ラストで粘りを見せた。

全県高校総体、先行開催始まる 陸上大野、三浦が2連覇

 4月上旬に痛みを感じ、5月初旬に骨折が発覚。「人生で一番つらく、体もメンタルも絶望的だった」と言う。はり治療を続け、自転車型トレーニング器具を使って心肺機能を維持。高橋正仁監督や家族、寮生活の仲間から励まされながら、気持ちを保った。

秋田の最新ニュース