県産シイタケ3年連続「三冠」 出荷量、販売額、単価全国一

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します

 2021年度に京浜地区の中央卸売市場へ出荷された秋田県産シイタケの出荷量、販売額、販売単価がいずれも都道府県別で全国トップとなった。全3部門で日本一の「三冠王」となるのは、3年連続。

 大消費地である京浜地区では、東京都と川崎市、横浜市の12の中央卸売市場で青果物を扱っている。県園芸振興課によると、シイタケの21年度の出荷量は2361トン(前年度比46トン増)、販売額は27億900万円(同6200万円減)、1キロ当たりの販売単価は1147円(同50円減)だった。

お気に入りに登録
シェアする

秋田の最新ニュース