銃規制強化「役に立たず」 擁護団体会合でトランプ氏

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
27日、全米ライフル協会(NRA)の会合で演説するトランプ前大統領=テキサス州ヒューストン(ロイター=共同)
27日、全米ライフル協会(NRA)の会合で演説するトランプ前大統領=テキサス州ヒューストン(ロイター=共同)

 【ヒューストン共同】トランプ前米大統領は27日、南部テキサス州ヒューストンで開かれた銃擁護のロビー団体、全米ライフル協会(NRA)の年次会合に出席し、「左派が推進する銃規制強化策でも惨事は防げなかっただろう」と述べた。同州ユバルディでは3日前に小学校で21人が殺害される銃乱射事件が起きたばかりで、会場前では規制強化を訴える人々が強い抗議の声を上げた。

 NRAは銃規制強化に反対している。トランプ氏は校舎の入り口を1カ所にし、金属探知機などで警備を強化する必要があると強調。「全ての学校に警察官や武装した担当者を常時置くべきだ」とも語った。