知床沈没観光船、押収へ きょうにも現場検証

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
北海道・網走港で陸揚げへ向けた準備作業が行われる観光船「KAZU 1」=28日午前
北海道・網走港で陸揚げへ向けた準備作業が行われる観光船「KAZU 1」=28日午前

 北海道・知床半島沖で観光船「KAZU 1(カズワン)」が沈没した事故で、第1管区海上保安本部(小樽)が、業務上過失致死容疑で、海底から引き揚げた船体を押収する令状を取ったことが28日、関係者への取材で分かった。1管は同日中にも、網走港で停泊している作業船「海進」の上で運航会社「知床遊覧船」の桂田精一社長(58)を立ち会わせ、現場検証する。

 1管は、内部に不明者がいないかどうか捜索するとともに、船体の損傷箇所などの詳しい捜査を進める。乗客14人が死亡、乗客乗員12人が行方不明となった事故の原因解明につながる可能性がある。