クウェイルが単独首位 ミズノ・オープン第3日

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
第3日、12番でティーショットを放つアンソニー・クウェイル。通算12アンダーで首位=JFE瀬戸内海GC
第3日、12番でティーショットを放つアンソニー・クウェイル。通算12アンダーで首位=JFE瀬戸内海GC

 ミズノ・オープン第3日(28日・岡山県JFE瀬戸内海GC=7461ヤード、パー72)アンソニー・クウェイル(オーストラリア)が5バーディー、2ボギーの69で回り、通算12アンダー、204で単独首位に立った。

 4打差の2位に、片山晋呉、大岩龍一、小林伸太郎、ブラッド・ケネディ(オーストラリア)の4人が続いた。(出場62選手=アマ1、曇り、気温26・3度、南の風6・5メートル、観衆1811人)