新疆不明者の情報提供要請 国連高官、「調査」は否定

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
バチェレ国連人権高等弁務官
バチェレ国連人権高等弁務官

 【広州共同】バチェレ国連人権高等弁務官は28日、中国訪問の日程を終えてオンライン記者会見し、新疆ウイグル自治区で行方不明となっている人について、家族に情報提供を行うよう中国当局に要請したと述べた。同自治区では中国当局によって少数民族ウイグル族が多数収容されているとの指摘がある。

 今回の訪問について、中国の人権政策に関する「調査」ではないと表明し、中国側の立場に配慮する姿勢を示した。その上で、国連人権高等弁務官事務所(OHCHR)が毎年、中国政府と戦略対話を行うと表明した。

 バチェレ氏は23日、広州市から中国入り。自治区のウルムチやカシュガルを訪問した。