秋田商打線奮起、7点差はね返す 本荘、序盤のリード失う

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
【本荘―秋田商】7回2死満塁、秋田商の児玉が走者一掃の左越え二塁打を放つ
【本荘―秋田商】7回2死満塁、秋田商の児玉が走者一掃の左越え二塁打を放つ

秋田商と明桜が決勝へ 春季高校野球県大会(第9日)

 秋田商は7点をリードされたが、四回から毎回得点の猛攻で追い上げ、逆転勝ちした。

 エース菅原凜(3年)は準々決勝で負傷した影響で、先発しなかった。前半は複数の投手でつないだが、本荘ペースで進んだ。それでもチームが掲げる「強くバットを振って攻める野球」で徐々に点差を詰めた。

各試合のイニングスコアはこちらから
春季高校野球県大会特集ページ

組み合わせ

同じジャンルのニュース