東北絆まつり、竿燈妙技でフィナーレ 2日間で11万人来場

会員向け記事

 東日本大震災からの復興を願い、東北6県を代表する夏祭りが秋田市の八橋運動公園に集結した「東北絆まつり」は29日、秋田竿燈まつりをはじめ各県が誇る夏祭りによるパレードを披露し閉幕した。29日のまつり全体の来場者は6万5千人で、2日間で計11万人(主催者発表)が訪れた。また閉祭式では、来年は青森市で開催されることが発表された。

 パレードは6県の祭りが順に入場し、ソユースタジアムを熱気で包んだ。軽快なおはやしが響き、観客約7千人は手拍子で盛り上げた。

秋田竿燈まつりなど東北各県を代表する祭りが共演したパレード


 最後に秋田竿燈まつりが登場し、妙技を披露。前日は強風でほとんど演技を見せることができなかったが、好天に恵まれた最終日は竿燈48本が青空を彩り、フィナーレに華を添えた。

お気に入りに登録
シェアする

秋田の最新ニュース