ザ・キャットウォーク40周年(下)パートナーとの別れ 悲しみ抱えながら前へ

有料会員向け記事

 オーナーだが、店を経営している実感はなかった。客とのセッションに時たま加わるジャズ好きのドラマー。長らくそんな立ち位置だった気がする。秋田市大町のジャズライブハウス「ザ・キャットウォーク」の太田徹さん(70)は、40年の歩みをこう振り返る。

 運転資金の調達から店で提供する食べ物の調理まで、共同経営者の大庭圭子さんが支えてくれたからだ。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース