県南初「無印」が大仙に! 今秋イーストモール内へ出店予定

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
イーストモールの店内に掲示された無印良品出店のお知らせ
イーストモールの店内に掲示された無印良品出店のお知らせ

 生活雑貨ブランド「無印良品」を展開する良品計画(東京)は1日、秋田県大仙市戸蒔の「タカヤナギイーストモール」内に今秋、新店を開設することを明らかにした。県南部への出店予定が判明するのは初めて。県内には現在、秋田市の2店と男鹿市の1店がある。

 イーストモールは、食品スーパーを展開するタカヤナギ(大仙市)が1995年に開店。食料品や衣料品を取り扱うショッピングモールで、飲食店や菓子店なども入居している。無印良品もテナントとして出店する。駐車場は350台。

 イーストモールは1日、店内に無印良品の出店予定を知らせるチラシを掲示した。食品統括マネジャーの菊地将司さん(46)は「食品売り場と無印良品が並ぶ新しい形のタカヤナギを提案することになる。力を合わせ、衣食住を支える上でお客さまの役に立つ店舗にしていきたい」と話した。