ミルハス開館初日 ピンホールカメラで思い思いに記録

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
樺細工など伝統工芸品を施した総合案内の壁面に向けてピンホールカメラを置き、撮影時間を計る参加者
樺細工など伝統工芸品を施した総合案内の壁面に向けてピンホールカメラを置き、撮影時間を計る参加者

 秋田市の「あきた芸術劇場ミルハス」が開館した5日、ピンホールカメラで開館初日の様子を撮影するイベントが行われた。親子連れなど16人が参加した。ミルハス開館日の「記憶」を「記録」に残してもらおうと市が主催した。

 ミルハス向かいの市文化創造館を指定管理するNPO法人アーツセンターあきたがイベントを運営。ピンホールカメラは、暗箱に開けた小さな穴から光を取り入れ、被写体を箱の中のフィルムや印画紙に写す仕組み。

秋田の最新ニュース