大企業景況感、2期連続マイナス 4~6月、原油高響く

※写真クリックで拡大表示します
東京港に並ぶ多くのコンテナ=東京都江東区
東京港に並ぶ多くのコンテナ=東京都江東区

 財務省と内閣府が13日発表した4~6月期の法人企業景気予測調査は、大企業の全産業の景況判断指数(BSI)がマイナス0・9だった。2四半期連続で「下降」が「上昇」を上回った。ロシアのウクライナ侵攻を背景とする原油高などが響いた。

 大企業の全産業の見通しは7~9月期がプラス6・3、10~12月期はプラス6・4だった。中堅企業も先行きはプラスを見込んだが、中小企業はマイナスが続くとした。

 BSIは自社の景況感が「上昇」したとみる企業の割合から「下降」したとする企業の割合を差し引いた指数。調査時点は5月15日で、約1万1千社が回答した。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。