石原慎太郎さんが自伝残す 

お気に入りに登録

 今年2月に死去した作家で、元東京都知事の石原慎太郎さんが、幼少期から晩年までを書き記した自伝を残していたことが16日までに分かった。「『私』という男の生涯」という題名で、弟の裕次郎さんら家族への感謝、文学や政治への思いをつづっている。