秋田市、外旭川まちづくり構想の骨子を9月提示

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田市役所(資料写真)
秋田市役所(資料写真)

 秋田市は17日、外旭川まちづくりモデル地区整備事業について、基本構想の骨子を市議会9月、原案を11月の各定例会で示し、成案を来年2月定例会に提出する考えを明らかにした。事業パートナーのイオンタウン(千葉市)はモデル地区に卸売市場、新スタジアム、商業・アミューズメント複合施設などを整備することを提案しており、骨子には各施設の配置案などを盛り込む考え。

 この日の市議会6月定例会総務委員会で説明した。

秋田の最新ニュース