五城目朝市の活気徐々に戻る コロナ乗り越え、次世代へ

有料会員向け記事

 新型コロナウイルスの影響を受けていた秋田県五城目町伝統の朝市に人出が戻りつつある。特に休日と朝市の開催日が重なった日は、地元客や観光客でにぎわいを見せている。いまだ感染拡大前には及ばないが、関係者は「コロナを乗り越えて町の宝である朝市を次の世代につないでいきたい」と話している。

多くの人でにぎわった12日の朝市


 一の位が2、5、7、0の日に開かれている朝市。日曜日と重なった今月12日は天候にも恵まれ、町内外から多くの人が訪れた。通りには新鮮な山菜や野菜、海産物のほか、菓子や飲み物を販売する店が並び、店主との会話を楽しみながら、買い物を楽しむ人たちで活気を見せていた。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース