あきた参院選・私の思い:コロナ対策 効果的な消費喚起策を

有料会員向け記事

県飲食業生活衛生同業組合副理事長 伊藤智弘さん


伊藤智弘さん

 男鹿市船越の和風レストラン「きりん亭」を経営する伊藤智弘さん(58)は県飲食業生活衛生同業組合副理事長を務める。新型コロナウイルス禍が県内の飲食業に与えた影響を調査し、詳細なデータに基づいた効果的な消費喚起策が必要だと強調。「秋田にとって飲食業は活気の源になる大事な存在だ。多くの店を存続させるためにも、国会議員には地方の実情を中央に届けてほしい」と話す。

 きりん亭は地元住民やインバウンドを含めた観光客らでにぎわっていたが、新型コロナの流行で客数は減少。2020、21年の売り上げはそれぞれ例年の6割ほどに落ち込んだ。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース