ハッキング対策で現金要求 由利本荘の男性、90万円被害

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します

 秋田県警由利本荘署は18日、由利本荘市の60代会社員男性が特殊詐欺に遭い、約90万円をだまし取られたと発表した。

 署によると、男性のスマートフォンに17日午後、「利用料金の件で確認事項がある」とのショートメールが届いた。記載された番号に電話すると、「ハッキングのセキュリティーのため現金を支払って」などと男の声で金銭の支払いを要求された。

お気に入りに登録
シェアする

秋田の最新ニュース