若者のミカタ:国際教養大生らの「わか杉のさと奨学金」 留学費、寄付呼びかけ

有料会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
会見する県高校留学推進委員会の仲田代表(右端)ら
会見する県高校留学推進委員会の仲田代表(右端)ら

 秋田県内高校生の長期留学を支援する「県高校留学推進委員会」が17日、県庁で会見し、学費や渡航費の全額助成事業を「わか杉のさと奨学金」と名付け、実現に向けた取り組みを進めると発表した。「地域で地域の人材を育てる」を理念に、奨学金の原資を寄付金で賄うとして、県民に寄付を呼びかけた。

 寄付の受け付けは今月12日に始まった。個人は千円、法人は1万円から受け付ける。委員会は来年夏、1期生として3、4人を海外へ送り出す計画で、今年11月中旬をめどに700万円を集めたいとしている。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

寄付の申し込みフォームはこちら

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース