鈴木もぐら「漫画は恋愛の教科書」 TSUTAYAコミック大賞で

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
授賞式に登場した(左から)「空気階段」の鈴木もぐらと水川かたまり、「OWV」の本田康祐=東京都渋谷区
授賞式に登場した(左から)「空気階段」の鈴木もぐらと水川かたまり、「OWV」の本田康祐=東京都渋谷区

 次にヒットしそうな作品を読者が投票する「第6回みんなが選ぶTSUTAYAコミック大賞」授賞式が東京都内で開かれ、ゲストとしてお笑いコンビ「空気階段」(鈴木もぐら、水川かたまり)が登場した。

 鈴木は「もぐらのそっくりさんで、山のフドウです」と、自身によく似た「北斗の拳」の登場人物の名前を挙げてあいさつ。大賞に「山田くんとLv999の恋をする」(ましろ著、KADOKAWA)が選ばれると、「漫画を教科書に恋愛を学んできたので、恋愛ものが1位でうれしい。今の時代も変わらないんですね」と感慨深そうに語った。

 理髪店の待合席で漫画を読むのが好きという鈴木は「『ゴルゴ13』や『美味しんぼ』みたいに3~5話のまとまりで次々話が展開する作品が、髪を切る前にちょうどいい」と力説した。

 水川は、授賞式の締めくくりとして「漫画、最高!最高!最高!」と叫ぶギャグを披露した。まだまだ浸透していないギャグだが、空気階段ファンの広報スタッフが「あー、出た」と喜んでいた。

 イベントには他にアイドルグループ「OWV(オウブ)」の本田康祐が出席した。

同じジャンルのニュース