「歓声聞いて球が走り出した」 吉田輝星、故郷でプロ初登板

有料会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
【楽天―日本ハム】4回1/3を投げ、2失点で降板した日本ハムの吉田=こまちスタジアム
【楽天―日本ハム】4回1/3を投げ、2失点で降板した日本ハムの吉田=こまちスタジアム

 2点を失い、五回途中でマウンドを降りた。「死に物狂いであと二つのアウトを取りたかった」。日本ハムの吉田輝星(金足農高出)の言葉に悔しさがにじんだ。

吉田輝星、5回途中2失点で降板 1万7128人が大声援

 慣れ親しんだ球場に訪れた1万7千人を超えるファンの思いに応えたい一心だった。一つのストライクに湧き起こる地鳴りのような拍手に後押しされ、立ち上がりから球に気持ちがこもっていた。「試合前のブルペンではそこまでよくなかったが、歓声を聞いて球が走り出した」

 持ち前のスピンの利いた直球とフォークボールを軸にテンポ良く投げ、四回まで無失点。1安打に抑え、3三振を奪った。

 暗転したのは楽天打線が2巡目に入った五回。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース