高校野球秋田大会、組み合わせ決まる 来月8日開幕

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 7月8日に開幕する第104回全国高校野球選手権秋田大会(県高野連など主催)の組み合わせ抽選会が23日、秋田市の秋田中央高で行われた。39チームが甲子園出場を懸けて争う。決勝は21日。

 2回戦までこまちスタジアム、さきがけ八橋球場、能代球場(山田久志サブマリンスタジアム)、グリーンスタジアムよこての4球場、3回戦以降はこまちスタジアムで実施する。15、18、20日は健康管理日に充て試合はない。 

 入場料は一般700円、シニア(70歳以上)300円、高校生以下無料。新型コロナウイルス感染防止のため、観客をこまちスタジアムは7500人、さきがけ八橋球場は5千人に制限する。開会式は行わない。

日程や組み合わせはこちら
高校野球秋田大会2022|秋田魁新報電子版