沖縄戦終結77年、平和祈り 知事「戦争放棄へ努力」

※写真クリックで拡大表示します
沖縄戦犠牲者の氏名が刻まれた「平和の礎」を訪れ、手を合わせる家族連れ=23日午前、沖縄県糸満市の平和祈念公園
沖縄戦犠牲者の氏名が刻まれた「平和の礎」を訪れ、手を合わせる家族連れ=23日午前、沖縄県糸満市の平和祈念公園

 沖縄県は23日、太平洋戦争末期の沖縄戦で命を落とした日米双方の20万人超を悼む「慰霊の日」を迎えた。旧日本軍が組織的戦闘を終えた日とされ、今年で77年。最後の激戦地だった糸満市摩文仁の平和祈念公園で恒久平和を誓う沖縄全戦没者追悼式(県など主催)が開かれた。正午に1分間黙とう。玉城デニー知事は平和宣言で、ロシアのウクライナ侵攻は沖縄戦の記憶を呼び起こすとし、「沖縄を二度と戦場にさせないため、核兵器廃絶、戦争放棄に向け努力を続ける」と強調した。

 岸田文雄首相があいさつし、「米軍基地負担軽減の目に見える成果を一つ一つ着実に積み上げる」と述べた。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。