体操の橋本、バレーの石川を追加 JOCのシンボルアスリート

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
日本オリンピック委員会(JOC)の「シンボルアスリート」に選ばれ、認定式で記念撮影する体操男子の橋本大輝=23日、東京都内
日本オリンピック委員会(JOC)の「シンボルアスリート」に選ばれ、認定式で記念撮影する体操男子の橋本大輝=23日、東京都内

 日本オリンピック委員会(JOC)は23日、選手の肖像権を使ったマーケティング事業の柱となる「シンボルアスリート」に、東京五輪体操男子2冠の橋本大輝とバレーボール日本男子でエースの石川祐希を追加したと発表した。

 橋本は認定式に出席し「シンボルアスリートとして体操競技の普及、スポーツ界を盛り上げていけるように活動していく」と述べた。石川はメッセージを寄せ「競技だけでなく、培った経験や仲間、社会とのつながりを大事にしてさらなる高みを目指して成長していく」と語った。

 シンボルアスリートは、柔道の阿部兄妹やスピードスケートの高木美帆らは継続で、計13人となった。