東京マラソン、従来規模に 定員3万8千人、来年3月

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
東京マラソンでゴールする市民ランナーら。奥は東京駅=3月、東京都千代田区(代表撮影)
東京マラソンでゴールする市民ランナーら。奥は東京駅=3月、東京都千代田区(代表撮影)

 東京マラソン財団は23日の理事会で、次回大会を2023年3月5日に開催し、定員を3万8千人とすることを決めた。新型コロナウイルスの感染拡大前の2019年大会と同じ規模に戻る。参加者への新型コロナの事前検査を実施する方向で準備を進める。

 コロナ禍で20年はエリート選手のみに絞って行われ、21年は3月から10月に延期後、緊急事態宣言発令で開催を断念した。3月に実施された今年はPCR検査を義務づけるなどの対策を講じ、市民ランナーを含めて2万5千人を定員として行われた。