学童野球県大会、あす開幕 22チーム全国懸け熱戦

※写真クリックで拡大表示します
マスク姿で本抽選に臨み、くじを引く選手=6月18日
マスク姿で本抽選に臨み、くじを引く選手=6月18日

 第42回全日本学童軟式野球県大会が25日、潟上市の長沼、元木山両球場で開幕する。大会は25、26日と来月2、3日の4日間。県内14地区の代表22チームが全国大会の出場権を懸け、熱戦を展開する。県軟式野球連盟、秋田魁新報社の主催、県教育委員会、潟上市など後援、日本マクドナルド特別協賛。

 開会式は25日午前9時から長沼球場で行い、選手宣誓は大森(横手)の佐々木斐斗(あやと)主将(6年)が務める。引き続き両球場で1回戦6試合を実施。26日に2回戦8試合、2日に準々決勝と準決勝、3日に決勝を行う。

 優勝チームは全国大会(8月8~14日・東京都)、準優勝チームは東北大会(7月30、31日・宮城県蔵王町)に進む。

お気に入りに登録
シェアする

秋田の最新ニュース