武田社ワクチン7月に追加実施 秋田県、希望者多く

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田県庁(資料写真)
秋田県庁(資料写真)

 秋田県は、米ノババックスが開発し武田薬品工業が国内生産する新型コロナウイルスワクチンの接種の追加分を7月28日から行う。今月27日に予約受け付けを始める。原則、1、2回目接種の人が対象。費用は無料。今月上旬に1度目の接種予約を始めたところ、希望者が多く受け入れ人数に達したため接種日を増やす。

 県内市町村が発行した接種券を持つ18歳以上で、コロナワクチン未接種の人向けに行う。接種日時は1、2回目が固定で、▽1回目=7月28日午後3時~4時、2回目=8月18日午後3時~4時▽1回目=8月2日午後3時~4時、2回目=8月23日午後3時~4時。いずれも70人ずつ。会場は県立循環器・脳脊髄センター(秋田市)。

 予約は、県電子申請・届出サービスのWebサイト(https://s-kantan.jp/pref-akita-u/offer/offerList_initDisplay.action)で行う。6月27日午前8時半~7月6日午後5時。

同じジャンルのニュース