JAおばこ問題が事実上終結、コメ直接販売の赤字を解消

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
2021年度決算を承認したJA秋田おばこの通常総代会
2021年度決算を承認したJA秋田おばこの通常総代会

 JA秋田おばこ(本所大仙市)の第24回通常総代会が24日、大仙市の大曲市民会館で開かれ、コメの直接販売で生じた巨額の赤字について、おばこ本体分を計画の1年前倒しで解消したとする2021年度決算を承認した。17年に発覚した一連の問題は事実上の終結を迎えた。

 21年度決算では、一連の問題でおばこ本体の会計に残っていた赤字約2億円に対し、剰余金6億円余りを確保して赤字を全て解消した。当初は22年度決算での解消を目指していたが、組織のスリム化などによる収支改善で、想定より早く赤字解消が進んだ。

秋田の最新ニュース