日医新会長に松本氏が初当選 現職不出馬、新人対決制す

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
日本医師会会長選で初当選した埼玉県医師会所属の松本吉郎氏(日医提供)
日本医師会会長選で初当選した埼玉県医師会所属の松本吉郎氏(日医提供)

 任期満了に伴う日本医師会(日医)の会長選の投開票が25日、東京都内で行われ、埼玉県医師会所属の松本吉郎氏(67)が、大阪府医師会所属の松原謙二氏(65)を破り初当選した。任期は2年。2020年から1期務めた現職中川俊男氏(70)は、診療報酬改定への対応で日医内から批判が出たことなどを背景に立候補を見送り、新人同士の対決となっていた。

 日医は自民党の有力支持団体で、会員は17万人を超える。新型コロナウイルス感染症対応をはじめ、政府の医療政策に大きな影響力を持つ。

 松本氏は東京都出身の皮膚科・形成外科医。16年から日医の常任理事を務めていた。