八幡平の栗木杏、投打でチームをけん引 学童野球

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
安定感のある投球で流れを引き寄せた八幡平の栗木=元木山球場
安定感のある投球で流れを引き寄せた八幡平の栗木=元木山球場

 桜との競り合いを制した八幡平は、女子選手の栗木杏(6年)が投打でチームをけん引。4回2/3を投げ自責点1と試合をつくり、バットでは貴重な適時打を放った。

 初の全県大会に「ずっと緊張していた」と振り返ったが、マウンドでは丁寧に低めを突く投球で打ち取った。3四球は出したが、数字以上の安定感だった。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース