大森の佐々木斐斗主将、言葉かみしめ選手宣誓 学童野球

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
開会式で元気よく選手宣誓する大森の佐々木
開会式で元気よく選手宣誓する大森の佐々木

 「大好きな野球を思い切り楽しみ、最後まで全力でプレーすることを誓います」。長沼球場で3年ぶりに行われた開会式で、大森(横手)の主将、佐々木斐斗(あやと、6年)は言葉をかみしめるように宣誓した。

 内容は家族と一緒に考え、コロナ禍で野球ができなかった時期の悔しい思いを込めた。風呂などで練習し、グラウンドでチームメートにも聞いてもらった。「ゆっくり話した方がいいとアドバイスをもらい、そのおかげでかまずに宣誓できた」と胸を張った。

お気に入りに登録
シェアする

秋田の最新ニュース