焦った様子の男性に助言 コンビニと店員、詐欺被害防ぐ

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
感謝状を受け取る高橋さん。右は川合オーナー
感謝状を受け取る高橋さん。右は川合オーナー

 特殊詐欺被害を未然に防いだとして、秋田県警横手署は23日、横手市のセブン―イレブン横手上真山店(川合亮輔オーナー)と店員の高橋由紀子さん(52)に感謝状を贈った。

 署や店によると5日午前6時過ぎ、来店した市内の70代男性が焦った様子で「料金を支払いたい」と高橋さんにスマートフォンを見せてきた。画面には「警告」の文字とバーコード、サイトの使用料45万円を請求する文章が表示されていた。

秋田の最新ニュース