ヒット曲「東京」人々の記憶に 潟上出身、マイ・ペースの森田さん死去

有料会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
デビュー直後のマイ・ペース。左から森田さん、伊藤さん、根さん=1974年
デビュー直後のマイ・ペース。左から森田さん、伊藤さん、根さん=1974年

 秋田県潟上市出身のフォークグループ「マイ・ペース」の森田貢(みつぎ)さんが18日、病気のため東京都内の病院で亡くなった。68歳だった。リードボーカルとしてデビュー曲「東京」でヒットを放ってから約半世紀。派手ではないが息長く歌い続け、フォークの名曲として人々の記憶に刻み込んだ。

 森田さんは旧飯田川町出身。フォーク全盛の1970年代、羽城中の同級生だった伊藤進さん(68)、根次男さん(69)とグループを結成し、同郷のシンガー・ソングライター山平和彦(故人)のバックバンドを経て、自身が作詞作曲した「東京」で74年にメジャーデビューした。

お気に入りに登録
シェアする

秋田の最新ニュース