東北6県囲碁大会、本県4位 個人は副将戦の高山五段が3位

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
青森との大将戦に臨む藤井七段(右)
青森との大将戦に臨む藤井七段(右)

 第66回東北6県囲碁大会は最終日の26日、青森市のホテル青森で3~5回戦を行い、秋田県チームは2勝3敗で4位に終わった。岩手が9年ぶり11回目の優勝を飾り、準優勝は宮城だった。本県の個人成績は副将戦で高山皐(こう)五段(15)=秋田市・秋大付中3年=が3位に入り、大将戦の藤井陽光七段(74)=鹿角市=と先鋒戦の高橋新一郎七段(44)=秋田市=は5位だった。