JAおばこ赤字解消(下)小原正彦組合長に聞く 農家のため働く組織へ

有料会員向け記事
お気に入りに登録

小原正彦組合長

 JA秋田おばこ(本所秋田県大仙市)は、コメの直接販売で生じた本体会計の巨額赤字を計画より1年早く解消した。2019年3月に就任し、経営再建や内部統治の強化を進めてきた小原正彦組合長(69)に改革の道のりを聞いた。

 ―計画より1年早いJA本体の赤字解消となった。

 「本来、おばこはそれだけ実力のある農協だと思っている。ただ、これで安心ではない。これは到達点ではなく、通過点。さらなる改革・改善が必要になる」

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース