時代を語る・工藤雄一(8)秋高でブラバン入部

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
高1の頃、吹奏楽部のメンバーと(前列左端)=昭和30年
高1の頃、吹奏楽部のメンバーと(前列左端)=昭和30年

 秋田高校に入学したのは昭和30(1955)年。新入生歓迎会で聞いたブラスバンドの「荒城の月変奏曲」に感動し、すぐ吹奏楽部に入りました。

 音楽室に行くと、吹奏楽部の先輩らしき人がいます。「ブラバンに入りたい。どの楽器でもいいからやらせてほしい」と頼むと、その人は「おお、入りに来たか。指を動かしてみろ」と言います。ピアノを弾くように動かすと、「10本ともよく動くな。よし、クラリネットだ」。

この連載企画の記事一覧