プーチン大統領、侵攻後初外遊へ 中央アジア2カ国

※写真クリックで拡大表示します
プーチン大統領=24日、モスクワ(ロイター=共同)
プーチン大統領=24日、モスクワ(ロイター=共同)

 ロシア国営メディアは26日、プーチン大統領が今週、旧ソ連構成国である中央アジアのタジキスタンとトルクメニスタンを訪問すると報じた。プーチン氏の外遊は、2月のウクライナ侵攻開始後初めてとみられる。

 タジキスタンでは、首都ドゥシャンベでラフモン大統領と会談。トルクメニスタンの首都アシガバートでは、カスピ海沿岸国の首脳会議に出席するとしている。(共同)

お気に入りに登録
シェアする