東証、午前終値は2万6768円 続伸、一時300円超上昇

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
東京証券取引所
東京証券取引所

 週明け27日午前の東京株式市場の日経平均株価(225種)は続伸した。前週末に米国株式相場が大幅上昇したことを好感し、朝方から買い注文が優勢だった。半導体などハイテク関連銘柄の値上がりが目立ち、相場をけん引した。上げ幅は一時300円を超えた。

 午前終値は前週末終値比276円80銭高の2万6768円77銭。東証株価指数(TOPIX)は15・26ポイント高の1881・98。

 前週末24日の米ダウ工業株30種平均は大幅続伸した。米連邦準備制度理事会(FRB)が利上げを加速させるとの警戒感が和らいだためで、ハイテク株主体のナスダック総合指数も上昇した。