「仮面女子」猪狩さん敗訴 看板下敷き、国への請求棄却

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
アイドルグループ「仮面女子」の猪狩ともかさん=2019年10月
アイドルグループ「仮面女子」の猪狩ともかさん=2019年10月

 東京都文京区の湯島聖堂で2018年、倒れた看板の下敷きになり、大けがを負ったアイドルグループ「仮面女子」の猪狩ともかさん(30)と両親が湯島聖堂を所有する国に対し、安全対策を怠ったとして計1千万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁(成田晋司裁判長)は27日、請求を棄却した。

 訴状によると、18年4月11日、湯島聖堂の敷地に設置された立て看板(高さ約2・8メートル、幅約3・8メートル)が強風で飛ばされ、近くを歩いていた猪狩さんにぶつかり、下半身の運動機能を完全に失う障害を負ったとしている。猪狩さんは車いすでアイドル活動を続けている。