オミクロン後遺症率デルタの半分 英ロンドン大調査

お気に入りに登録

 感染しても比較的重症化しにくいとされる新型コロナウイルスの変異株オミクロン株は、後遺症の発生率も、別の変異株デルタ株の半分程度とみられるとの研究を、英ロンドン大キングスカレッジのチームがまとめた。

 患者本人が検査結果や症状を報告するスマートフォンアプリを使って10万人近い英国成人のデータを集め、感染判明から4週間後も倦怠感や息切れなどの症状が続くケースを後遺症と定義した。

 英国でオミクロンが流行の主流となった21年12月~22年3月の後遺症発生率は4・5%だったのに対し、デルタが主流だった21年6~11月は10・8%とオミクロン流行期の2・4倍だった。