別画面通知で利用者に認識 情報送信でネット規制案

お気に入りに登録

 総務省は27日、インターネット利用者の情報を保護するため、企業に課す新たな規制の方向性をまとめた。閲覧履歴などの情報を外部に送る場合、ウェブサイトの画面上に別の画面を表示させる「ポップアップ」などにより、利用者に知らせる案を盛り込んだ。安心してサービスを使える環境を整える。

 規制は今月成立した改正電気通信事業法に基づく。閲覧履歴の外部提供を巡り、企業に利用者への通知や公表といった対応を義務付けるもので、その詳しい方法などが焦点となっている。

 規制の詳細は総務省令などで定める。総務省は有識者会議での議論を踏まえ、来年を予定する改正法の施行までに詰める。