須山、坂井が決勝進出 世界水泳、OWS蝦名11位

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
男子3メートル板飛び込み準決勝 須山晴貴の演技=ブダペスト(共同)
男子3メートル板飛び込み準決勝 須山晴貴の演技=ブダペスト(共同)

 【ブダペスト共同】水泳の世界選手権第10日は27日、ブダペストで行われ、男子3メートル板飛び込み準決勝で須山晴貴(栃木県スポーツ協会)は392・75点の9位、坂井丞(ミキハウス)は360・95点の12位となり、28日の決勝に進んだ。予選を須山は18位、坂井は5位で通過していた。

 オープンウオーター(OWS)5キロの女子は蝦名愛梨(日体大)が1時間0分0秒0で11位、森山幸美(SWANS)が13位だった。男子は東京五輪代表の南出大伸(木下グループ)が56分22秒3で16位、古畑海生(佐藤製薬)が18位。