大仙の男性、50万円取られる 県内一日で3件架空請求被害

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
秋田県警(資料写真)
秋田県警(資料写真)

 秋田県警は27日、架空請求詐欺被害が3件発生したと発表した。大仙市の60代男性が現金50万円、湯沢市の60代男性と由利本荘市の40代女性は電子マネー利用権それぞれ5万円分、1万6千円分をだまし取られた。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース